Daily Archives: 2018.3.6

適切な使用と確かな効果

スキンクリームの有効成分として話題のシルクフィブロインは、その名称から推察される通り、シルクが原料の成分です。シルクすなわち「絹」の名の通り、この成分は.優れた保湿効果のみならず、シミの原因となる紫外線をブロックする、更には皮膚の皺や弛みを防ぐ、いわゆるアンチエイジング効果全般に優れた特徴を有しています。この有効成分を含有したスキンクリームを継続的に皮膚に塗布する事で、年齢肌や乾燥肌など、みずみずしく艶やかな肌とは真逆の症状を防ぎ、若々しさを保つ効果が期待されるのです。

シルクフィブロイン更にシルクフィブロインならではの働きとして、界面活性剤では無くとも、塗布する事で毛穴の内部の汚れを排除してくれる効果が見過ごせません。毛穴の汚れはニキビその他のトラブルの原因として知られていますが、こうしたリスク回避に関しても、シルクフィブロイン配合のスキンクリームはオススメの製品です。

勿論使用に際しては、より大きな効果を焦り、過剰な使用に至ってはなりません。正しい使用方法に沿って中長期的に使用を続ける事で、根本的な肌のコンディションの改善を心掛けてください。スキンクリームには特効薬的な一朝一夕の即効性は期待されません。